医薬品(OTC)・健康食品・スキンケア・管理医療機器等の販売 天野商事株式会社

TEL:052-951-2340 FAX:052-951-7954メールフォームでのお問い合わせ

menu

調剤薬局の皆様へ

~患者さんも地域住民も喜ぶ"セレクト商品"による、コミュニティ(健康サポート)薬局作りのご提案~

はじめまして。天野エンザイムグループの天野商事㈱と申します。

天野エンザイム(旧:天野製薬)は酵素の専門メーカーとして、国内シェア85%の消化酵素、食品用酵素、診断薬用酵素などを、製薬会社・食品会社・飲料会社様に幅広くご採用いただいております。弊社は、そのヘルスケア部門として、独自のOTC、健康食品、スキンケア、医療雑貨等を直販にて約3,000軒の地域密着型の薬局様に販売しており、調剤薬局様とのお取引も、この数年で1,300軒を超えました。

ご承知の様に、医薬分業が新たな大きな転換期を迎え、「患者のための薬局ビジョン」ではこれまで保険調剤に専念してきた薬局に対し、①立地から機能へ。②対物業務から対人業務へ。③バラバラから一つへ。...という"かかりつけ"への方向性が示され、4月2日付の「調剤業務のあり方について」からは、【対人業務に力を!】という流れが加速していくことが予見されます。

今後の調剤報酬改定や、ドラッグチェーンの調剤併設店対策、他店との差別化を考える時、5万9000店もある調剤薬局は従来の処方箋対応だけで今後やっていけるのでしょうか。

また、制度開始から3年の健康サポート薬局については、「メリットがない」とか「ハードルが高い」との声が大勢でしたが、ここにきて届出件数が上がってきて、1,355件(2019年3月末現在)となり、厚労省が志向する「2025年に1万件」も視野に入る可能性が出てきました。

弊社と取引いただいた調剤薬局様では、飴やマスク等の雑貨だけでなく、ドリンク剤、高品質な健康食品、歯周病対策品、スキンケアなどでコンスタントな売上実績店が増えています。さらに、健康イベント(補聴器の聞こえの相談会や認知症予防体感会)の開催、OTC48薬効群の設置で健康サポート薬局を取得される薬局様も増えてきています。

最初は、「調剤以外はやらない」とか、「物販経験のない薬剤師・スタッフがほとんどだ」「OTCは売れない」「自信がない」「場所がない」との話も伺いますが、しばらくすると、「待ち時間のストレスが減った」「患者さんの笑顔や会話が増えた」「いくつも売れてビックリした」「リピーターが増えた」「スタッフのモチベーションが上がった」「薬局らしくなってきた」との声が増えてきます。社会保険制度改革・2025年問題を見据え、地域住民・患者さんに選ばれ、処方箋がなくても訪店できる"街のコミュニティ薬局""健康相談サロン"に向けての取り組みを始めるべきタイミングではないでしょうか。

【目立つお任せ什器】の設置サービス、月1~2回の売り場メンテナンス、ミニ勉強会、季節ごとの商品入れ替えなどしっかりフォローを致しますので、"3年後・5年後の経営、薬局形態"を見据えて、前向きにご検討いただき、是非お手伝いさせて下さい。

天野商事株式会社  
代表取締役 天野 晃治

 

コミュニティ薬局への差別化ご提案

  •  処方箋がなくても立ち寄れるコミュニティ薬局のお手伝い

  1. 健康食品、スキンケア、一般用医薬品を用いた店頭を作ります

  2. 地域に密着した健康情報拠点としてのイベントを支援します

HP用.jpg

商品提案

※図を拡大してご覧ください

調剤店厳選品16-1.png
調剤店厳選品16-2.png

新規お取引にあたってのご案内

※シーズンや売行き状況に応じて棚替えなどのご提案や並べ替えはセールス訪問時に行います。

「調剤+物販」について薬局新聞に取り上げられました

※図を拡大してご覧ください